老犬の夜泣きの原因は?ひどいときの対処法ご紹介

老犬の夜泣きの原因は?ひどいときの対処法ご紹介

  1. 老犬の夜泣きの原因は?ひどいときの対処法ご紹介

夜泣きするようになった・・・その原因は?

愛犬が歳を取り、老犬となってきたときに私たちがしてあげられることはなんでしょうか。歳を取ると若い頃にはなかった悩みがたくさん出てくるものです。食欲不振や散歩嫌い、夜泣きまで、老化によって引き起こされるトラブルは様々。この疑問は一見とても難しそうに思えますし、病院など専門機関にかからなければ解決できない、と感じてしまうかもしれません。ですが実は解消法はそこまで複雑ではなく、自宅で解消できることも多いんです。

夜泣きの原因として考えられることには関節などの身体の痛みや視力・聴力の低下といった身体の不調のほか、神経や脳の精神疾患などによって引き起こされることもあります。時には老化で足腰が弱くなり、思うように身体を動かすことができなくなったストレスで夜泣きをしているケースも存在します。

夜泣きの対処法とは

夜泣きの対処法とは

ストレスのように、精神的な負担が夜泣きの原因になっている場合には病院に連れて行って治療するよりも、自宅で心のケアをしてあげた方が効果的なこともあります。普段庭などで飼っている犬なら室内に入れて一緒に寝るようにしてあげるだけでも安心し、効果が見られる場合もあるので、ワンちゃんの性格に合った方法を取っていきたいですね。

どうしても夜泣きが激しくて口輪をするという対策を取る方もいます。しかし、口輪をするのはかえって犬にとってストレスになって夜泣きを悪化させることも。私たちが夜泣きにストレスを感じ、犬を叱っているとその分だけストレスを溜めてしまう可能性もあります。特に、夜泣きをすることに対して叱っている頻度が多いなら要注意。知らず知らずのうちに負の連鎖を起こしているかもしれません。最もストレスフリーな方法を考えることが大切です。

夜泣きをするようになったら気をつけたいこと

夜泣きをするようになったら気をつけたいこと

ある日突然夜泣きをするようになったら、夜泣きを叱るだけでは重要なサインを見逃してしまっている可能性が考えられます。というのも、夜泣きは痴呆の予兆であるともいわれているのです。痴呆は人間でも老化とともに起こること。同様の症状が犬に表れても不思議ではありません。

また、上でも書いたように夜泣きが身体の衰えからきていることも考えられます。その場合、夜泣きを放っておくと身体の衰えも進行し、最終的には寝たきりになってしまうこともあるため、早めの予防を心がけることが大切です。

シニアのワンちゃんをいつまでも元気にしてくれるサプリメント【バイオワン めぐりサポート】

バイオワン めぐりサポート 犬の脳や全身の健康をトータルサポートしてくれるサプリメント、「バイオワン めぐりサポート」。ナットウキナーゼ、クリルオイル、熟成酵素の3つを軸とした成分で構成されています。顆粒タイプでフードにかけるだけ。手軽でオキアミの香りが豊かで食いつきも良いので与えやすくおすすめです。

ページのトップへ