老犬が食事をしても吐く!食べないときはどうしたらいいの?

老犬が食事をしても吐く!食べないときはどうしたらいいの?

  1. 老犬が食事をしても吐く!食べないときはどうしたらいいの?

シニア犬がご飯を食べない原因

シニア犬がご飯を食べない原因

歳を取ったシニア犬は若い頃に比べて食いつきが悪くなったり、食べる量が減ったりしますよね。でも、毎日の生活の中で徐々に減っていくと変化に気づかないこともありますし、気づいたとしてもなぜ食べなくなっているのかはなかなかわかりません。こういった食欲不振の原因はいったい何なのでしょうか。

老化によって身体が衰えていく仕組みは人間も犬も大きくは変わりません。「老犬に必要な栄養とは?どんなものを与えたらいいの?」でも解説したように、年齢を重ねるごとに胃が小さくなる、消化機能が低下する、といった問題が起こります。すると今まで通りの食事を受け付けなくなったり、吐いてしまうこともあり得ます。また、ほかにもフィラリア症や気管支炎、心不全などの病気が原因で嘔吐する場合もありますし、食べ物を飲み込むことができずに吐き出してしまうケースもあるので、普段から愛犬の様子を見て原因を見極めることが重要になります。

嘔吐してしまったら?

普段から食べさせていた食事を突然食べなくなっただけでなく、嘔吐したら焦りますよね。特に、嘔吐物が食べたときの形のままで出てくると固すぎて噛めていないのかな、と心配になります。

食べたものがそのまま出てくるケースは、食べ過ぎていたり、上手く飲み込めていない場合があります。歳を取って消化機能が低下すると、若い頃と同じ量を与えて同じように食べていても、食べ過ぎや早食いと同じ症状になってしまうのです。食べたものをそのまま吐いた場合はこれらが原因のことが多いのですが、吐いた後に元気ならそこまで心配はいりません。

ただし、吐いた後にぐったりとしていたり、何度も嘔吐を繰り返しているようなら注意してください。下で説明しますが、病院に連れて行かなければ治療が難しいことがあります。

こんな症状は注意?

同じ嘔吐でも、症状によって頻度の多さや程度の重さ・軽さは異なります。例えば、老犬が食べ過ぎが原因で吐いてしまったような場合は吐瀉物も比較的少なく済みます。

ですが一方で、何度も繰り返し吐いてしまう場合や、嘔吐と一緒に下痢の症状も見られるような場合は胃腸炎に、ぐったりしているようなら胃拡張になっている可能性があります。また、嘔吐したものの中に胃液や血が混じっているようなときは胃潰瘍も考えられます。これらの病気が原因の場合、自宅では治療してあげることができないため、すぐに病院に連れて行ってあげるようにしてください。

~老犬の食事でお困りの方へ~シニアになった愛犬のお悩み解決サイト
シニアのワンちゃんをいつまでも元気にしてくれるサプリメント【バイオワン めぐりサポート】

バイオワン めぐりサポート 犬の脳や全身の健康をトータルサポートしてくれるサプリメント、「バイオワン めぐりサポート」。ナットウキナーゼ、クリルオイル、熟成酵素の3つを軸とした成分で構成されています。顆粒タイプでフードにかけるだけ。手軽でオキアミの香りが豊かで食いつきも良いので与えやすくおすすめです。

ページのトップへ